So-net無料ブログ作成
- | 次の10件

「私のことを笑った」で、暴行って。

近頃、物騒な話が相次いでいると思う。


中学生2人殴る 容疑の男「私のことを笑った」 /千葉
ちばとぴ by 千葉日報 2月15日(日)11時11分配信

 千葉県警成田署は13日、暴行の疑いで成田市の無職の男(31)を逮捕した。

 逮捕容疑は13日午前11時40分ごろ、同市並木町の国道409号の歩道で、いずれも同市の市立中学校3年で15歳の男子生徒2人を殴った疑い。

 同署によると、男子生徒らは6人で自転車に乗って信号待ちをしていたところ、男が自転車に乗って突進。転倒した2人に殴りかかり、顔面に1発ずつ当たったという。2人にけがはなかった。

 目撃した男性が110番通報した。男は「私のことを笑ったので殴った」などと供述している。


こんなニュースが最近多い。
「私のことを笑った」
「私のことを馬鹿にした」
「こちらをにやにや見ていた」
こんなことに腹を立てて、さらに暴行に及ぶ、こんなことが最近目立っている。

腹を立てる意味が分からない。どれだけ、追い詰められているのか。どれだけ、余裕がないのか。
本当にその人のことを馬鹿にしていたのか。
百歩譲って、腹を立てるのはいい。
たしかに見知らぬ人、少年に馬鹿にされたとき、気分が悪いのはよくわかる。
だからと言って、暴行に及ぶ、その精神構造はもはや動物以下である。

よく、自身の感情が高ぶったことに対し自身の責任を全く感じてない人間がいる。
「おれ、怒ったら何するかわからないんだよね。」
「あれだけのこと言われたら、殴ってもしょうがないよね。」

まったくもってありえない話である。
また、暴力を以って実力行使した時点で、完全な敗北であることをも理解していない、残念な人間である。

その時は、その場は終わるかもしれないけれど、2度とその人の前で本音を話す人はいなくなる。完全な孤独の完成である。何も知らずまま、だれからも信用されず死んでゆくのである。

「あそこで手が出るのは、もうしょうがないよ」と言う限度は、人間において絶対に存在しない。
感情をコントロールできない人間のお粗末な言い訳である。

なんとか校正してほしい。
さもなくば、完全に社会から隔離してほしい、と切に願う。

男の子は黄色、女の子は緑がハズレ。

 木曜日夜10時からフジテレビで放映されている「問題のあるレストラン」を毎回楽しみにしている。
ゲイも出てるし、ドタバタ単純コメディだと思ったら、これまた意外と、毎回重い重い笑えないような、えぐいシリアスな問題が勃発し、それをなんとか受け入れたり、乗り越えたりしてゆく。

 先日の放映で、二階堂ふみ扮する新田 結実(にった ゆみ・喪服ちゃん)が、就職面接のシーンでこんなことを言っていた。

「幼稚園の時にセーラームーンと言うアニメがありました。園庭でよくごっこをしてたんですけど、みんなはだいたい、セーラームーンとかセーラーマーキュリーとか選んで、私はいつも最後まで残ってセーラージュピターになって。。。セーラージュピターのイメージは緑でした。色には順番があったんです。女の子が赤とか、ピンクとかに色分けされてるとき、わたしはいつも緑を選ぶ係りでした。選ぶっていうか、選んだふりをして、緑をとるんです。素直に赤とかピンクとか選べる人が不思議でした。あなた人生何回目?って思いました。私まだ一回目だから赤がほしいって言えない・・・・・・・(以下略)」

実際にはこの後、核心に迫る女同士の争いにどうしても勝てない、と言うような方向に話が行く。いわゆる「問題」としては、そちらの方がヘビーだが、ふと思ったことがありました。

女の子は、緑がハズレなのかな?

ちなみに男の子でいうと、それは黄色。レンジャーもの黄色キャラである。
黄色キャラの特徴は
1.デブかぽっちゃり
2.大食い
3.カレー好き
4.力持ち
5.単純
6.一生懸命
7.頑張り屋さん
8.空回り
9.暑苦しい
10.そして、絶対にハンサムではない!

赤のリーダー的な存在、青のクールな存在とは一線を成すキャラである。
であるからこそ、ごっこの遊びでは敬遠される。
もし、黄色役になったとしても、「次回は赤ね!!」と言う条件付きだったりする。
思えば不憫な役回りである。

そんなある日(と言うか昨日)、同僚から
「〇〇(私)って、レンジャーで言ったら黄色だよね。」
と言われてしまった。
言われてしまったよ。しかも、ほかの同僚も激しく同意。

ちょっとショック。
そして40も過ぎて、そういった偏見はないつもりだったので、ショックを受けた自分にまたショック。

あの黄色キャラがいるからこそ、物語が成り立ったり、ドラマとして面白くなったりするのだから、必然必要なキャラだとは分かっているんだけど、でもどこかでみんな「自分は、赤か青」と思っている人も多いのではないだろうか。

今度もう少し掘り下げてみよう。

と。

イスラム国人質事件、なぜ人質はオレンジ色の服?

連日日本を震撼させているイスラム国による日本人人質事件。
とうとう一人の尊い命を奪ってしまった。とても許せる行為ではありません。
わたしも一人の日本人として、とても歯がゆく思っています。
そんな連日のニュースの中で、ふとした疑問が浮かびました。

どうして人質は、オレンジ色の服を着ているんだろう?

差別的な色なの?
逃げたときに見つけやすいから?
それとも?

 実は、そもそもグアンタナモ収容所と言う場所が由来している。
グアンタナモ収容所とは、キューバにあるアメリカの基地である。アメリカがアフガニスタンを攻撃したときに、多数のタリバンを捕まえてきた。ところが、アメリカ国内に連れてくれば、アメリカの法律の下裁判を受けさせなければならない。優秀な弁護士も付き、人権も確保される。
 そこで裁判にかけられることもなく逮捕・長期拘留でき、「犯罪者」と「捕虜」のどちらかアメリカの都合のいい解釈の上での処遇ができるように、キューバでもアメリカでもないこの「グアンタナモ収容所」に連れてこられた。国内でも国外でもないこの不安棚も収容所では、多くの収容者にオレンジ色の服を着せて、残酷・非人道的な拷問がなされていたという。

 この非人道的な虐待に対し、イスラム過激派はかなり恨みを持っていることにより、人質にはオレンジ色の服を着せて、「お前たちのやったことを同じことをやっているのだ。」と言う主張の一つになっているという。

 ちなみに、グアンタナモ収容所は現存しているが、オバマ大統領は閉鎖を早期閉鎖を目指しているという。

 平和は遠い。


- | 次の10件

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。