So-net無料ブログ作成

大雨の時の自衛隊への評価自体が…・ [みんな気付いているのかな。]


スポンサードリンク

先日、日本を襲った大雨の被害。
日本全国で、3.11の恐怖を思い出したと思います。

スポンサードリンク




そもそも評価って、おかしくないですか?
もっと言えば、自衛隊への評価って・・・・・
「この順番での救助は素晴らしい」とか
「もっと早く出動するべき」とか
さらにおかしなものになってくると
「自衛隊での救助は、戦争への第一歩。私は助けてもらうなら死んだほうがまし。」とか。

あたくしはそういうのを見るたびにつくづく「おめでたい国」であることに恥ずかしくなります。

まずは、感謝でしょ!!!

救助するのが当たり前とか思っているかもしれませんが、それは間違いです。
税金払ってるから当たり前とか思ってるかもしれませんが、それは間違いです。

そんなこと思ってる人にあたくしは問いたい。
「では、今自衛隊がもらっている報酬で、あなたが同じ救助活動をできますか?」と。

できるわけがないんです。技術的にも、精神的にも、できるはずがない。
その時点で、最大の感謝を伝えるべきです。

救助隊も自衛隊も、批判的なことを叫ばれても、ささやかれても、また災害があれば出動していきます。
救助隊も自衛隊も、批判的なことを主張している人が救助を必要とした時、そんな時もその人を助けます。

その偉大さ、高尚さをもっと国家レベルで認識してもらいたいと。
切にそう思います。
スポンサードリンク

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。