So-net無料ブログ作成
検索選択

地方議員の年収って、高い?安い?


スポンサードリンク

先日、「TVタックル」にて、地方議員の年収が取りざたされました。

河村たかし名古屋市長が「おれは793万円にしとる。みんなもらいすぎ。」とばっさり。
それに対し、同じく名古屋市議会議員の横井利明氏が、「800万円にされて非常に困っている!!」

そのとなりで東京都議会議員の塩村あやか氏が涼しい顔をして「1660万円」のフリップを出している・・・

議論は、「地方議員はボランティアでやるのが理想だ!!」と言う方向へ。




国、県、市区町村すべてにおいて、議員報酬は常に議論の的です。
やれ高すぎる、やれこんなに低くてはやっていけない、などなど。

でもね。
一般庶民からしたら、議員さんも公務員も、税金からお給料をもらっている人に対しては少なからず「多すぎる!!」と思うのが当たり前だと思います。

一般企業において、雇用側と非雇用側の利害って、絶対に交わらない原則がありますよね。

雇用側は、「最低の賃金で、最高の労働力を得ようとする。」
このことを考えていない経営者などいないですよ。
そして、非雇用側は「最低の労働力で、最高の賃金を得ようとする。」
このことを考えていない市民などいないはずです。

一般市民は議員さんや公務員に対して「雇用側」になります。
議員さんや、公務員は、「公(市民)」に対する非雇用側です。

平行線になるに決まっているんです。
ですが、議員さんや公務員は同時に「一般市民」でもあるわけですから、河村氏の政策は常識的な一般市民の目線にて、至って自然な流れだと思います。

横井利明氏の「こんなにお金がかかる!!」と言う主張に対し、大竹まこと氏が「普通のサラリーマンもそれで頑張ってやってんだよ!!」と一喝したのには、スッとしました。

横井さん、気持ちはわかるよ。
でも、その理論、キャバ嬢が、ケータイ代や服のお金、美容院の費用にお金がかかるから、自給挙げてくれって言ってんのと同じだよ。

と、取り留めもなく思う今日この頃。
スポンサードリンク

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。